わくわくしながら買い物リハビリ総合事業 | 福島県喜多方市

NEWS! 福島民友新聞に掲載されました!

令和2年01月06日の紙面に掲載されました。こちらからWeb記事が読めます。
「喜多方市が「買い物リハビリ」事業 スーパー内で体操や栄養指導」|福島民友

手軽さと実用性がうれしい!
「健康と自立」にこだわった新しい通いの場

top2

健康チェック

血圧、体温などの他、筋力やバランス能力、体組成など総合的に健康状態をチェックします。その結果をもとに運動や栄養のアドバイスをしていきます。

top1

健康体操・栄養アドバイス

介護予防事業をより効果的なものにするために、ウェルボックスでは体を鍛える運動と同様に、体を作る素である栄養も重視しています。
そのためウェルボックスが提供するプログラムは、シニアの加齢による虚弱(フレイル)・筋肉量の低下(サルコペニア)の予防を目的に、健康指導の専門家による独自チームを作り運動と栄養の両面から考えて開発しています。

top3

買い物リハビリ

スーパーマーケットでの買い物は、「広い通路を歩く」「沢山の商品から欲しい物を探す」「高い棚や低い棚に手を伸ばす」「財布の予算と相談する」など様々な動作が含まれており、これら一連の動作は、歩行訓練や認知機能訓練、精神の安定など対象者にリハビリ効果を与えることが出来ます。
さらにウェルボックスでは、リハビリ効果を高める課題を個別に設け、オリジナルの買い物リハビリを実践します。また、専用ショッピングカートを導入。歩行が不安な方も安心して参加出来ます。

ショッピングターン

導入カート|ショッピングターン(安寿)

健康な高齢社会に。シニアの声に応えます!

若い時と比べて足腰が弱るのを感じる。このままでは体力面に不安がある。

一人暮らしになり家にいる時間が増えた。何かする気力が次第になくなってきた。

一人暮らしで食べるものがいつも似ている。栄養バランスが大切と分かっているけど、どうしたらいいの?

ニュースで高齢者運転事故をよく見る。車は必要だけど自分の運転が少し気になってたのよ。

最近、物忘れが多いかもしれない。認知症の予防に何かしたい。

一日型のデイサービス通うのは抵抗がある。半日型の気楽な予防サービスはないかな?

「これなら私も通いたい!」と思うこれだけの理由

アセット 3

市内の協力スーパー内で、楽しみながら運動と栄養の健康づくり。

アセット 4

買い物リハビリは専門スタッフが必要に応じて付添いや見守り。リハビリに効果のある指導も。

アセット 5

リハビリ専門職の作業療法士が事業に専従。安心してサービスが受けられます。

アセット 6

買い物リハビリをしながら、生活に必要な買い物も済ませて自宅へ持ち帰れます。

アセット 7

無料送迎可能。半日で帰れます。通いに自信のない人も安心です。

  • 送迎可能地域は要相談。
  • 自力で通える方大歓迎!皆さまの活動的、健康的、自由な生活スタイルを応援します。JRやバスご利用の方、最寄りの駅・停留所まで送迎いたします(要相談)。

ご利用までの流れ

toiawase

1.喜多方市役所高齢福祉課または喜多方市地域包括支援センターへご連絡ください。

ご利用についてご希望を聞き、ご利用いただけるか調査・検討いたします。まだ介護認定を受けていない場合は、介護認定の申請もしくは基本チェックリストによる判定手続きをします。

keiyaku

2.喜多方市地域包括支援センター、ウェルボックスとご利用について話し合い、「利用契約」をします。

ご本人、喜多方市地域包括支援センター、ウェルボックスの三者でご利用に関する話し合い(サービス担当者会議)を開催します。サービス詳細についてご説明した後、利用契約します。

3.作成したサービス計画をもとに、ご利用開始になります。

ご本人のご希望や運動機能等を勘案して、サービス計画を作成。これをもとにいよいよサービス利用開始です。

サービス詳細

【介護予防・日常生活支援総合事業 通所型サービスA】

実施時間等

月・水・金 1日2回(午前・午後)

時 間プログラム備 考

午前の部
9:30―11:00

午後の部
14:00―15:30

健康チェック
オリジナル健康体操等
買い物リハビリ

  • 1日2回実施。
  • 適時休憩があります。
  • 時間や内容を小変更する場合があります。
利用対象者

要支援1・2認定者または事業対象者(※)

  • 事業対象者とは
    基本チェックリストにより、生活機能の低下がみられ要支援状態 となるおそれがある高齢者と市から認定を受けた方

場   所

リオン・ドール喜多方西店ならびにウェルボックス

ご利用料金

要支援1、事業対象者・・・1,482円/月

(週1回利用出来ます)

要支援2      ・・・3,039円/月
(週2回利用出来ます)

  • 上記料金は1割自己負担の場合。料金は自己負担割合(1〜3割)で異なります。
  • 買い物リハビリ時の買い物代は別途ご準備ください。

お問い合わせ

喜多方市役所高齢福祉課
https://www.city.kitakata.fukushima.jp/
 0241-24-5242


喜多方市地域包括支援センター
http://www.kitakata-shakyo.or.jp/
 0241-21-8856


ウェルボックス
 080-7074-1271

よくあるお問い合わせ

違います。自宅から外出して社会参加の機会を作り、運動や栄養の改善により健康な体を維持向上を図る介護予防専門の通所サービスです。このサービスで提供する買い物は運動やリハビリの一環として実施する生活動作トレーニングです。買い物が主目的のサービスではございません。
限られた時間ですが食材や日用品などご自由にお買い物できます。買った品物はお帰りの際に持ち帰れます。さらに、栄養改善アドバイスであなたの健康に必要な品目を知り買うことも出来ます。また、リハビリ目的で買い物中にトレーニング課題を設ける場合があります。
当施設スタッフが付添いが必要と判断した方に付添います(道に迷いやすい、転倒しやすい等)。付添いが不要な場合でも、離れて見守るなど安全には十分配慮いたします。
約30分です。沢山買い物したい方は、予め買い物メモを作成して効率よく買い物できるように準備をお願いします。効率よく買い物できように考え準備することも大切なリハビリになります。

日によって買い物が必要ない場合もあると思います。買い物リハビリを希望しない場合はスーパーマーケット店内をウォーキングしたり、ウェルボックスで運動することも可能です。その際はスタッフと一緒に運動メニューを考えて決定します。どんどん運動しましょう!

当施設の体操は、高齢世帯の方々がこれからも自立して暮らせるために足腰強化を目的にしています。お家で家事や庭いじり等やりながら日常生活を送っている方であれば特に心配ありません。当施設スタッフがご利用者に合わせて運動量をアドバイスしたり、ご自身で運動量を調整したりして楽しんでいただけます。しかし、日常的に介助が必要な方はデイサービス等のご利用が適している場合もあります。

現時点では市が認定した要支援1・2または事業対象者の方のみご利用になれます。今後、認定なしでもご利用希望を多くいただいた際は是非お引き受けしたいと考えています。

利用限度額の範囲内で、現在ご利用中のデイサービスやヘルパーサービス等、他の介護保険サービスとの併用が可能です。 詳しくは喜多方市役所高齢福祉課喜多方市地域包括支援センターまでお問い合わせください。

【要支援1・2または事業対象者の認定を受けている方】
喜多方市地域包括支援センターへご相談をお願いします。
電話:0241-21-8856

【認定を受けていない方】
喜多方市役所高齢福祉課へご相談をお願いします。
電話:0241-24-5242

【ウェルボックスへ直接ご相談された方】
お話を伺った後、必要な手続きのため喜多方市役所高齢福祉課または喜多方市地域包括支援センターへご紹介いたします。
電話:080-7074-1271

アクセスマップ

ウェルボックス
福島県喜多方市押切南2-42-1 リオン・ドール喜多方西店内

事業協力【感謝】

この事業は、沢山の企業・団体様のご協力のもと運営しています。
弊社は医療介護以外の企業・団体様とも積極的に連携し、”住み続けられるふるさと創り”をしてまいります。

ケアプラザ喜多方(特定非営利活動法人 清扶会)
https://www.npo-seifukai.com/

リオン・ドール喜多方西店
https://www.liondor.jp/

 

【スペシャルサンクス】

一般社団法人 日本ポジティブヘルス協会
https://www.yogaandheart.jp/

株式会社 会津リハビリテーション研究所
https://aizu-riha.com/

SKIPプロジェクトチーム

(敬称略)